レッツ巡礼Twitter

2014年7月3日木曜日

安房国札三十四観音結願(34滝本堂・鴨川市)



大きな地図で見る


いよいよ最後のお寺となりました。今回の巡礼では、1番と34番のお寺に限って、
最初と最後にお参りするという方針にしていました。
このような方針を貫いたため、1番と34番以外の巡る順番は文字通り「ぐちゃぐちゃ」
になってしまいました。
また、安房観音のほかにも一の宮の神社、関東三十六不動、坂東三十三観音の寺社も入れていったため…
ルート地図を見るたびに泣きそうになっておりました。

そしてこのお寺、大変高いところにあります。「この道を登るの?!」という感じの道です。
また結願寺ということもあって、巡礼の方が多く訪れるお寺でもあります。
観光バスもくるよ!!

滝本堂は「大山不動尊」と地図に記載されている通り、ご本尊は不動明王とのこと。
観音と不動がなかよく並んでいる姿を想像すると、なんだかほっこりします。

カルピス君は、駐車場に設けられていた、地元の方による直売所にはりつき、
お土産を物色中でありました。
わたくしは本堂で気になっていた部分を凝視していました。

そうです。狛犬です。

見慣れた狛犬でありますから、見落としそうになってしまいました。
で、カルピス君がモグモグしている間、狛犬について聞いちゃいました!(ちゃっかり)
以下、禰宜さんへの情報提供であります。

この狛犬は「波の伊八」との異名をもつとある彫刻師によるものだそうで、
「波の伊八」さんは大層腕がたつ彫刻師だったようです。
狛犬単体の写真は撮りませんでしたが、子供の狛犬も何体かいるとのこと。

お参りをすませて、御朱印をいただきます。
「こちらでお参りは最後ですか?」と聞かれたので、その旨お伝えしました。
すると、表紙の裏ページに結願の印を書いていただけるとのこと。うれしい!
実は、結願の印をいただくのは最初の体験なのであります。これまでは特にそういったものがなかったので、嬉しいですね。

これにて安房国札三十四観音霊場、おしまいであります。

この後はどうしようかな〜と思う暇もなく、実はまだ巡る寺院があるのです。
安房巡礼の旅はまだまだ続きます。



↓他にも巡礼のブログがたくさんあります↓
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿