レッツ巡礼Twitter

2014年4月6日日曜日

安房国札三十四観音(番外3水月堂・鋸南町)




安房国札三十四観音霊場には、3つの番外札所があります。
水月堂はそのなかで最後に書かれているため、本記事でもそれにならい番外3としました。

長谷寺の本当の真横にある水月堂ですが、観音堂だけがある小さな「お寺」です。
ここでも他の団体さんがお参りしているところだったので、
写真は少なめ。

印象的だったのは、御朱印をいただく際、団体さんの御朱印帳が山のように積み上げられていたことです。
安房国札三十四観音の御朱印帳はすべて差し替え式になっており、
白紙のページと交換で、日付入りの御朱印をいただくようになっています。
その日付を入れるところを、地元の方が担当している(ように見受けられる)のですが、
やはり何十人もの団体さんを相手にすると、日付入れも相当な労力となるのでしょう。

僕はあらかじめ御朱印帳から白紙のページを抜き出して交換してもらうのですが、
行く先々のお寺で「バインダーはお持ちですか?」と聞かれることが多かったので、
もしかしたら、バインダーごと持っていって、お寺にて差し替えていただくのが
正式だったのかもしれません。

水月堂ではお接待でミカンをいただきました。
水分の採りすぎで、カルピス君は既に尿意を催した模様です。
近くのトイレに向かう後ろ姿を見ながら、「あ、トイレも完備されているんだ」と関心したことを思い出しました。

さて、次!

0 件のコメント:

コメントを投稿