レッツ巡礼Twitter

2014年4月3日木曜日

安房国札三十四観音(3大福寺崖観音・館山市)




今回の安房国札三十四観音巡りは、自分で作成した地図に基づき、一筆書きになるよう巡礼しているため、
順打ちにならないルートを辿っています。
今回は第3番の舟形山大福寺にやってきました。「崖観音」と申した方がわかりやすいかもしれません。

いっせいご開帳の影響か分かりませんが、巡礼している人が大変多いのです。
ただし、そのほとんどは老人ばかり…
印象だと、大部分が老人会の方々、ご夫婦で巡っている方が少し、チャリで巡っている若者がほんの少し…という感じでしょうか。
みなさん本当に楽しそうに巡っていて、観光のひとつのありかたですよね、とか上から目線で観察してしまいます。
僕らもその中の二人なんですけどね。

さて、崖観音ですが、その理由とも言えるのが、この風景です。


風景と一体になった観音堂。素晴らしいです。ただし、ここに登るためにはそれなりの階段があるわけで…
カルピス君は「本当に行くの?マジで?」と僕に確認してきます。
確認なんかしなくても、分かるのに、ねぇ。

まずは1階部分?でお参りします。扉の向こうからなにやら紐がつながっておりまする。
これこそ、観音さんの手に結わえられた紐なのです。この紐を握ることはすなわち…
観音さまとつながっておる!ということなのであります。

ただし、僕が握ろうとした瞬間、老人会の方々(妙齢の美女と美男)がわらわらやってきたので、
観音さんとのつながりはほんの数秒でしたけどね。

崖の上に向かいます。最初は嫌がっていたカルピス君の方がズンズン階段を登っていきます。
僕はと云うと、その体力のなさ故、息切れを通り越して、救心が必要なくらいアレになっていました。
登ってみると、舟形のまちなみが一望できます。素晴らしいね!

お参りを済ませて、次のお寺へと向かいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿