レッツ巡礼Twitter

2014年4月20日日曜日

安房国札三十四観音(番外1震災観音堂・館山市)




ふたたび、館山駅に戻ってきました。こ、これで最後なんだからね!
館山駅の海側、細い路地を進みます。駐車場もなかったので、申し訳ないですが路駐させてくださいませ…

この道の先は太平洋です。と、この頃から急に風が強くなってきました。
空は真っ青なのに、強風です。これから房総半島をぐるりとまわって外房へ出るというのに…

はためく、というよりも蹂躙されている?といった方が良いかもしれない幟です。
震災観音堂は普段、無住のお寺なので、慈恩寺というお寺に御朱印をお願いするらしいです。
この日は特設のテントが張られており、こちらも地域の方がお接待していました。

「震災」とあるので、関東大震災のことかな?と思っていたら、やはりそうでした。
1923(大正12)年に起きた関東大震災、ここ館山も甚大な被害を受けたそうです。
被害を受けた方の霊を鎮めるために、観音堂は「震災観音堂」となったことを聞きました。

写真には撮れなかったのですが、ここの観音菩薩像は是非お参りしてください。
一本づくりの1丈6尺(約5メートル!)もの大きさがあります。
僕がだいたい170センチなので、3人分くらいでしょうか。

「これから房総半島をぐるりとまわって、外房に行きます」というと
「風が強くなってきたから気をつけて」と言葉をいただきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿