レッツ巡礼Twitter

2014年3月2日日曜日

南知多三十三観音(⑱光明寺、南知多町)



南知多三十三観音の第18番札所、光明寺は、国道沿いにあります。
車を運転していても、比較的大きな看板があるので迷うことはまずないでしょう。

駐車場に車を停めると、↓の看板が。


「とら薬師 魚供養 魚天観音」の文字。はて?どんなお寺なのだろうと興味津々です。

南知多三十三観音には立派な山門を持つ(しかし比較的小さな)お寺の多いこと。
信仰の深さを感じながら、境内にお邪魔します。

鮹です。


魚供養と何の関係があるのでしょうか…若干、戸惑い気味なわたくし。

魚天観音とあったのは、おそらくこの観音像でしょう。
魚天観音は、漁師さんだけではなく、魚を調理する人、あとは食べる人も
海の恵みに感謝して(これは神道になるのかな)、魚を供養するための観音さんです。
僕も今回の旅行に限らず、海の幸が大好きなので感謝と供養の気持ちを込めて、
観音さんに水をバシャバシャかけます。

こんなところで狛犬を発見。しかし、こんなかたちで対面するとは思っていませんでした。



お経をおさめているまさにその時、お坊さんが庫裏から出てきてどこかに向かうタイミングに遭遇します。
これはいけない、と思い、お参りを後にしてお坊さんを追いかけ、御朱印をいただきました。
男の一人巡礼は結構珍しいらしいですね(そりゃそうですけど)。
お坊さんに有り難い言葉をいただき、後にしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿