レッツ巡礼Twitter

2014年2月17日月曜日

南知多三十三観音(⑧長寿寺・南知多町)



大きな地図で見る


↑の地図、なぜこんな不自然なアングルになっているのかというと、
長寿寺はちょうど、7番札所である長福寺の真裏にあるからです。
車だとぐるっと回り込んで行きますが、徒歩巡礼の場合は一直線に進んで行くのだそうです。
ふたつのお寺を結ぶ道は峠道となっており、遍路泣かせの巡礼峠と言われていたそうです。



曹洞宗のお寺らしく、たいへんにシンプルです。
山門は堂々としており、写真を撮りました。
それ以外は…撮り忘れました。

南知多三十三観音の寺院であることを示す札。右奥に納経所(だいたい緑色の暖簾がかかっています)
左奥には知多四国八十八箇所の霊場であることを示すお坊さんのマスコットです。
納経所のスタイルやこういったマスコット、そして幟など
システムがしっかり整っていることに、改めて知多の人々の信心深さを感じます。

御朱印の写真を見て「おや?」と思われたかもしれません。
実は、御朱印を押していただく際にお寺の方が天地逆に押してしまったのです。
お寺の方はこちらが恐縮する位に謝罪してくださいました。
解決策が見つからないのでどうしようか途方にくれましたが、
書き置きの御朱印をいただいて貼るということを思いつきました。
お寺の方の承諾を得て、書き置きの御朱印をいただき、このようになった次第です。
にんげんだもの、間違いはあるものです。


0 件のコメント:

コメントを投稿