レッツ巡礼Twitter

2014年2月3日月曜日

坂東三十三観音(⑦金目観音・平塚市)



大きな地図で見る

新松田から秦野に移動、平塚行きのバスに乗車します。
今回の金目観音、次回の飯山観音はともに、神奈川中央バスでのアクセスになります。
どちらも乗車時間は多めなので、バス車内にて一日フリーパスを購入します。
これは各自のICカードにフリーパスの情報を入れてもらうことで、
神奈川中央バスに一日乗り放題になるというものです。
一日フリー乗車券
バス車内ではICカードにしか対応していませんので、ICカードを持っていない方は、
駅前のサービスセンターで磁気式の乗車券を発行して貰う必要があるようです。

上の地図でも分かるように、秦野から平塚の間は鉄道空白地帯です。
バスだけでもかなりの時間がかかります。飯山観音を巡りたい場合は、時間に余裕を持って行動することをオススメします。

さて、金目(かなめ)観音の最寄りバス停は金目駅です。
バス停なのに駅?と思ったのですが、これは国鉄時代の名残のようです。
金目「駅」の謎



金目駅で下車、数分で金目観音に到着します。
秦野〜平塚間のバスは、最低でも1時間に4本あるみたいなので、時間を気にせずお参りすることができます。
お寺の目の前を流れるのは、金目川です。



金目山光明寺に到着しました。ぽつぽつ、参拝者がいます。
「坂東第7番」との標記も発見。やはり有名な霊場になると扱いが違うのですね。


山門には仁王像もいたのですが、光の関係でうまく撮ることができませんでした…
手水舎で清め、線香をあげ、本堂にて納経します。






本堂向かって右手にある寺務所にて、御朱印をいただきます。
来客者の対応をしていたので、恐縮。それでも嫌な顔せず対応していただきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿