レッツ巡礼Twitter

2014年2月11日火曜日

南知多三十三観音(②弥勒寺・美浜町)

※投稿が前後してしまいました。前回は第3番の全忠寺、今回は第2番の弥勒寺です。



大きな地図で見る



・愛知県美浜町北方西側16 ・曹洞宗

南知多三十三観音の第2番札所である弥勒寺は、開創1596年!400年以上の分厚い歴史を持つお寺です。
こちらのお寺も、細い集落の道を辿ったところにあります。
駐車場は広く、車を停めるのは容易ですが、たどり着くまでには結構な奥の細い道を行かなければなりません。
便利で機動性がある軽自動車をおすすめし…(以下略



弥勒寺に到着すると、なにはともあれ、奉納された幟の多さが気になります。


ひとつひとつ、おそらく集落の方が奉納したものなのでしょう。
お寺は本当に古いのですが、住民の方々の信心深さを感じます。
僕がお参りしている間も、ふらっと立ち寄って、お賽銭をあげて、祈っている人の多いこと。
大規模なお寺では見慣れた光景かもしれませんが、地方のお寺ではあまり見ないことだったので新鮮な気持ちでした。
ちなみに弥勒寺は、知多四国霊場の第26番寺院です。
ここにある幟はすべて四国霊場のもの。南知多三十三観音の幟は…
え?僕が納めればいいって?たしかに、2000円くらいですけどね。
でもこの量に勝つためには20本くらい納めたいですよね。うん。


↑この写真、なんで撮ったのかよくわからなかったのですが、拡大して納得。
おそらく狛犬ですね。

お堂自体は時代を感じるものでしたが、境内はすっきりきれいです。
1995年に整備が行われたようです。
納経所は、庫裏と一体になっています。
御朱印をお願いしている間にも、地元の方が「おるかー?」とお寺の方に声をかけていました
(西濃○輸じゃないよ、ほんとだよ)
地元の人々に愛されているお寺、弥勒寺でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿