レッツ巡礼Twitter

2014年2月11日火曜日

南知多三十三観音(③全忠寺・美浜町)


大きな地図で見る


              

南知多三十三観音の第3番札所、全忠寺に来ました。
名鉄河和線の終点である河和駅からも遠くないお寺です。
車で行く場合は途中かなり細い道があります。
南知多三十三観音は便利な軽自動車を御利用下さい、と言ったのはこのためです。
普通自動車だとなかなか、骨の折れる道幅です。


なぜなのか分からないのですが、僕はカーナビとの相性が悪いのです。
全忠寺への道のりは、「お寺が見えているのに全然たどり着けない!!」状態でした。
そう、ぐるぐるお寺の塀をまわっていました。
カーナビが使えなかったので、最後の数百メートルは自力で行きましたよ。えぇ。


お寺は本当に素晴らしいです。小さな集落のなかにあるお寺なのに、参道や山門は本当に立派なのです。
知多半島のお寺は総じて、立派なお寺が多いのです。
信心深さを感じます。




ここで見慣れない幟を発見。「四国直伝弘法大師」の霊場です。
知多八十八ヵ所とは違うの?と思っていましたが、
まさにその通り、知多八十八ヵ所と、(知多)四国直伝弘法大師霊場は、
別々の八十八ヵ所霊場でした。
両霊場の公式ホームページをリンクしておきます。
知多四国八十八ヵ所
四国直伝弘法大師霊場
とくに、知多四国八十八ヵ所は、2014年が弘法大師霊場(空海)が霊場を開いてから1200年とのことで、
今年は特別な御朱印帳や記念法印などがいただけるとのことです。
「うっ、1200年?特別な御朱印!?どうしよう…」
と思ったのですが、八十八ヵ所はそれなりの覚悟や色々なグッズが必要である
(と自分で思っているため)未だに巡っていないため、断念しました。


さて、全忠寺です。
お寺の正面は最近改修されたようで、真新しいものになっていました。
写真でもお分かりかと思いますが、この部分だけが真新しいのです。



納経を済ませて、納経所にて御朱印をいただきました。
南知多三十三観音、この霊場は色々「ガチ」です。すごい…

続きます。



0 件のコメント:

コメントを投稿