レッツ巡礼Twitter

2014年1月27日月曜日

江戸三十三観音・結願(㉝目黒不動)



大きな地図で見る



いよいよ最後の札所、目黒不動尊です。
世田谷観音のバス停から、大鳥神社前のバス停まで一本、とても便利です。
世田谷観音バス停では祐天寺駅経由、目黒駅いきのバスにのりました。
だいたい5キロほどの道のりですが、このバス、細い道を通り、細かいバス停をこまめに停まっていくため、実際の距離よりもかなり遠く感じます。(だいたい40分くらい乗車)

山手通りと目黒通りの交差点にある「大鳥神社前」バス停にて下車、そこから10分ほどで目黒不動に到着します。

世田谷観音の住職さんからは、目黒不動の裏門へ行くルートが近いと教えてもらいましたが、
せっかくなので羅漢寺交差点を右折し、正面から入ることにしました。
やはり最初に社号標と山門を撮りたいですし。
目黒不動の正面には、社号標、山門のほかに狛犬もいました。まさに3点セット。
かなり広いと思われる境内に若干びびっておりますが、じっくり拝見しました。




金網と光の具合でうまく撮れなかった仁王像…
の裏には、またもや狛犬が。



本堂への長い階段…階段…もう嫌…
と思ったら、こちらにも狛犬?犬だよね?



階段を登った先には本堂。立派です。そして、ここにも狛犬。


目黒不動は、狛犬がたくさんいるお寺だった…ッ!!(白目)

まずは、本堂にてお参り。(不動巡りもあるからもう一回来ます)と挨拶も忘れずにやっておきます。
そうです。目黒不動尊は、関東三十六不動の霊場寺院でもあるのです。
複数の霊場に指定されている寺院の場合、一度にいただく御朱印は一つ、と決めています(いちおう)
もちろん例外もあります(出雲大社での出雲神仏霊場&一の宮コンボなど)
今回は目黒という至近の寺院ということもあり、江戸三十三観音の御朱印だけにしました。

本堂の横には、微笑観音菩薩という観音像があります。
何かの縁を感じて、こちらにもお参りしました。
観音像の横にも、狛犬。
対になっている狛犬ですが、向かって右側が古く、左側は新しいものでした。
かなり古そうなので、もしかしたら左側のは新入りなのかも…



観音像の裏側にまわってみると、なんということでしょう。台座がぼろぼろでございます。


目黒不動尊100回参拝記念!!講が未だに残っていて盛んに参拝していることは素晴らしいことだと思います。


階段を降りて左手には、庫裏と観音堂があります。
今回は、こっちがメインです。
ちゃんと「江戸三十三観音 第三十三番霊場」との札がかかっています。よし。
お札を納めて、読経しました。


庫裏にて御朱印をいただきます。
「こちらが最後ですか?」と聞かれたので「目黒で結願です」と応えます。
夢にまで見た、結願の証!!



これにて、江戸三十三観音、結願でございます。
去年の春から巡りはじめた江戸三十三観音でしたが、東京都内のさまざまなお寺を巡ることができました。
大きい寺院は思いの外すくなく、実際は地域のなかにある小さな寺院が多いです。
庫裏へまわり、呼び鈴を押して、御朱印をお願いするという一連の行動、本当に緊張しました。
対応していただいた寺院のみなさま、感謝申し上げます。ありがとうございます。

ほかの霊場もちゃんと結願しなきゃ、との思いを強くしたところです。

(江戸三十三観音、これにて結願)

◎結願記念・江戸三十三観音巡礼の記録◎
その1
 江戸三十三観音プロローグ、①浅草観音、②清水寺、③大観音寺、④回向院

その2
 ⑤大安楽寺、⑥清水観音堂、⑦湯島観音、⑧清林寺、⑨定泉寺、⑩浄心寺、⑪圓乗寺、⑫伝通院、⑬護国寺、⑭目白不動

その3
 ⑮放生寺、⑯安養寺、⑰中野観音、⑱真成院、⑲東円寺、⑳天徳寺、㉑増上寺

その4
 ㉕魚籃寺、㉗道往寺、㉘金地院

その5
 ㉖済海寺

その6
 《番外》海雲寺、㉙高野山東京別院、㉚品川の成田不動尊、㉛品川観音

その7
 ㉜世田谷観音

その8
 ㉝目黒不動(結願)


0 件のコメント:

コメントを投稿