レッツ巡礼Twitter

2014年1月20日月曜日

関東三十六不動(⑬目赤不動)

・南谷寺 目赤不動(第13番札所、東京都文京区本駒込)


大きな地図で見る

今年の冬も寒いですね。年をとったのかわかりませんが、年々一年間の寒暖の差が激しくなってきているような気がします。

そういうことで、目赤不動です。

僕は、引っ越しするならどこがいいかなーと考えるのが好きなのですが(引越妄想が趣味です)
トップ5に入るのが、本駒込から白山にかけての、艶めかしい地形がエロティックな、
文京区のこの地区です。
白山駅で降りて目赤不動に向かうまでの道、向丘二丁目交差点までは、一方的な上り坂が僕の胸を刺激します。

要するに、息が上がるのです。

本駒込のあたりは、本当に寺院が多い地域ですね。
歩いているだけで楽しくなってきます。


江戸三十三観音巡りでも訪れたことのあるお寺を横目に、今回は目赤不動です。
以前に「江戸五色不動」をした際に一度、来たことがあるので、二度目のお参りです。
境内はいたってシンプル。向かって正面に本堂があります。
そして、この写真には入っていない右側に不動堂があります。


目黒や目白はなんとなくわかりますが、
目赤ってどんな状態でしょうね。徹夜明け?興奮状態?
(そんなことを言い始めると目青や目黄が…)


不動堂の扉を開いて、正面におられたのが目赤不動尊でございます。
前回見たのと同じ格好で、こちらを睨んでおります(当たり前です)
とにかく、般若心経を読経して怒られないようにしないとね


扉を閉めようとしたときに、護摩炊きのアレが目に入りました。
護摩札っていうらしいのですが、いろいろな願いを込めて、焚いてもらうそうなのです。
100円だったので(すいません、不純で)、僕もアレをしてもらうことにしました。


これに自分の名前を書いて、納めます。
(名前を記入した後に撮ったものですが、名前の部分は消してあります)
そして、庫裏にて御朱印をいただきます。
関東三十六不動巡りで忘れてはならないのは、「差し替えの御朱印」をいただくこと。
バインダーを先に購入して、それに差し込んでいくスタイルの、アレです。
差し替えの御朱印をいただくと、もれなくあんなものも、いただくことができます。


御朱印と、もれなくいただけるものです。
この日はもう一ヵ所巡りました。次に向かうことにしましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿