レッツ巡礼Twitter

2014年1月19日日曜日

信濃三十三観音(㉓・宝蔵寺)

・宝蔵寺(長野県上田市御嶽堂)


大きな地図で見る

上田市の市街地からは少し離れています。丸子という地域にあるようです。
駐車場に車を停めますが、やはりここでも他に停めている車はありません…
じゅ、巡礼日和ですからね!

岩谷堂観音で有名な宝蔵寺ですが、インターネット上ではあまり情報がないようです。
が、岩の中に観音堂があるとのことは知っていました。
信濃三十三観音霊場は岩場のお寺が多いのでしょうか?いや、たまたまだと思いますけど



そしてこの階段である。
釈尊寺でへとへとになっていた僕らにはきつすぎます。
「やっぱやめる?」と言いかけましたが、気合いで登っていきます。
山門のあたりで道が分岐しています。
「岩谷堂岩窟古墳・聖徳太子堂あっち」みたいな看板。
そしてその先はけもの道&上り坂。
やっぱり登山コースになるんですね、そうですか。はい、行きましょう。
聖徳太子堂から見下ろす上田の町並み。なぜベストを尽くさないのか。
登りましょう。


さらに登って岩窟古墳です。かの昔、人が亡くなると、この洞窟に置いたのだそうです。
火葬や埋葬ではなく「窟葬」という弔いの仕方があるんですね。初めて知りました。
遠く昔のことなので、心霊などはほとんどないと思います。これもまた不思議な話です。


こんな階段を登ってきたんですよ。こわいー。



先ほどの分岐点に戻り、山門をくぐって本堂へ。
写真を撮り忘れてしまいましたが、なかなか立派な本堂です。
そして岩谷堂に向かいます。

ほとんど真っ暗なお堂のなか、観音さんは静かに鎮座しています。
ほかに誰もいなかったのでフラッシュを使って撮影しましたが、普段なら写真を撮ることさえはばかられます。



庫裏にて御朱印をいただきます。
あわせて信濃三十三観音の御朱印帳もいただきたい旨伝えると、「連合会のやつだね」
と、こちらの御朱印帳をいただきました。



人生17冊目の御朱印帳です(どんどん増えていく)
結願するまでは、紐を緩めておくようにと教えてもらいました。
見開きはこんなかんじ。右ページに霊場寺院の情報、お詠み歌、左ページに御朱印をいただく形になります。



そして宝蔵寺の御朱印はこちら。


信濃三十三観音の巡礼は始まったばかりですが、幸運にも長野県に行くことが多いので、
ゆっくりと巡礼をしていきたいと思います。
ちなみに、上田市周辺にはあと2寺、ほかに諏訪市や安曇野、松本に数カ所あり、
残りの大部分は長野市近辺に集中しています。
飯田には行けないのが残念。と思ったら飯田や伊那地方は独立した大観音霊場があったのか…

0 件のコメント:

コメントを投稿