レッツ巡礼Twitter

2013年12月10日火曜日

巳年因幡伯耆国開運八社巡り①(エピローグ&豊榮神社)

山陰旅行&兵庫ブロガー100人トリップと同じ時期、
実はもうひとつの「霊場」巡りをしていました。

それが、「巳年因幡伯耆国開運八社巡り」です。(下記リンク)


って、もう2014年版(午年)編の紹介がメインになっていますが、
まだまだ2013年!巳年です。巳年。

巳年も半年以上を過ぎた11月ですが、僕らにはまだ2013年の開運が訪れていません。
こうなったら、残り2ヵ月のうちに開運するしかないでしょ!
ということで、開運八社巡りをすることにしました。

あと、もう一つこの神社巡りの魅力的な点は、
「地方の小さな神社を巡ることができる」ということです。
僕が日頃から訪れている寺社は、大きいのもありますが、概して小さな寺社への参拝の方が多いです。
小さな集団を鎮守する、ということに、特に神社の魅力を感じます。
国家とか、そういう大きな何かを護るよりも、ということです。
実際には絶対に見ることはできませんが、集落のひとりひとりの顔が見えるような神社に、
魅力を感じます。

さて、開運八社巡りをするにあたっては手拭いの購入が必要となります。
現代っ子でアーバン在住で都会的でシティボーイで洗練された生活をしている僕にとって、
手拭いは縁遠いものであります。(でもマルクスボーイじゃないのよ←大正か)

幸いにも、手拭いを扱っているところはかなり多かったので、
皆生温泉に行った際に、米子市観光センターで購入しました。



大きな地図で見る

手拭いは390円。神社にて、スタンプを押していくことになります。
ほかの霊場を巡りながらではありますが、開運八社巡りに出発します。


・豊榮神社(鳥取県琴浦町勝田)


大きな地図で見る

大山から鳥取市への移動中、まずは福榮神社に寄ることにしました。
神社の説明には、
「集落の南側、見通しの良い田畑の中に鎮守の森を構える趣のある神社です」
とありました。
田畑のなかに鎮守社、これは見つけやすいところだなと安心しました。
なぜなら、カーナビに登録されていなかったからです。

車で向かっているとき、「あれが鎮守の森かな?」というのを発見しました。



写真を見てもらえれば分かるかと思いますが、左方向に参道が延びています。
なんとかして参道入り口までたどり着き、田んぼの真ん中を歩いて神社に向かいます。

広くはありませんが、しっかりと鎮守の森のなかにたたずむ神社、
豊榮神社に到着です。



狛犬と狛狐がお出迎え。なぜ一緒にいるんだろう。
狛犬好きの禰宜さんと一緒になって、「おぉ可愛いねー」と写真と撮ります。



拝殿です。境内も建物もきちんと管理されており、とてもキレイです。


賽銭箱の左ななめ上あたりに箱があるのわかります?
この箱の中に、スタンプがおさめられています。
さっそく手拭いを出して、ぺったんこ。

うーん、満足。
次は倉吉市にある福積神社と福富神社に向かいます。
(つづく)



0 件のコメント:

コメントを投稿