レッツ巡礼Twitter

2013年11月26日火曜日

船町天満宮と小田井県神社(豊岡市)

・船町天満宮

城崎温泉を出発し、玄武洞公園に寄りながら一路目的地に向かいます。

っと…



神社を発見しました。発見というか、通り過ぎました。
なんだか面白そうなので、近くの空き地に駐車させてもらい、寄ることにしました。


大きな地図で見る

天神社と聞いて黙っているわけにはいきません。
多少頭の方に問題がある僕にとって、ちゃんとお参りしなければならない神社なのです。



写真の右上、なんだか煙のようなものが…なにこれ?ナントカプラズマ?心霊写真?
…なんてことはない、野焼きの煙です。
野焼きって禁止されているんじゃなかったっけ?そんなルールもありつつ、
今日も日本の田舎は平和です。

狛犬は新しいものだったので、禰宜さんはなぜか不満そうでした。
「100年後にまた来るよ!」って…


・小田井縣神社

小田井縣神社は、豊岡駅から車で5分くらい?のところにあります。


大きな地図で見る

まだまだ朝は早く、境内には誰もいません。
そんななか、狛犬がお出迎えしてくれました。



とにかく、青空と黄色く色づいた木々がキレイなのですよ!

そして、小田井縣神社には本当にたくさんの狛犬がいます。
おそらく5対くらいはいるんじゃないかと。末社にもきちんと狛犬がおり、
禰宜さんほど狛犬に興味のない僕でも見ていて楽しくなります。




狛犬激写タイム中、景色の美しさにみとれておりました。



・中嶋神社(豊岡市)


大きな地図で見る

中嶋神社は「菓子の神」として全国的に有名、しかも各地に分社があるのです。
製菓業になじみのない僕ですが、意外と有名な神社なんですね。

なぜ菓子?と思いましたが、都合の良いことにWikipediaにその由緒がありました。
主祭神である田道間守命は、垂仁天皇より常世の国から橘を持ち帰った人物とされています。
橘は当時、菓子の最上級品とされたことから、菓子の神となった。

んだそうです。
あっ、そうだったのかー!



この看板、「なんで橘なんだろう?」と思っていたのですが、そういうことだったんですね。

境内は広く、すっきりとしています。



歴史を感じる狛犬。顔の修復をしてあげたい…


こういうタイプ、好きです。拝殿の風通しが良い神社ってなんかいいですよね。




写真には撮りませんでしたが、京都の老舗和菓子屋さんが灯籠を寄進していました。

0 件のコメント:

コメントを投稿