レッツ巡礼Twitter

2013年11月28日木曜日

【兵庫ブロガー】高源寺(丹波古刹十五寺霊場9番)

兵庫ブロガー100人戦国トリップに当選した僕が担当することになった丹波エリア。
どんな魅力を発信できるんだろうーと考えに考え抜いて3日くらい徹夜したかもしれない末に
導き出したのは、古刹と城と自然をテーマにする!ということでした。

兵庫といったら神戸、むしろ神戸が兵庫じゃん?と思っていた僕にとって、
兵庫の丹波地方はとてつもなく馴染みの無い場所でした。
(JR宝塚線で「篠山口」行きの電車を見たことがあったくらいかな)
まずは古刹巡りから、スタートです。


・高源寺(兵庫県丹波市青垣町)


大きな地図で見る

丹波古刹十五寺霊場9番札所の高源寺は、春日和田山道路の青垣ICの近くにある臨済宗の寺院です。
また、関西花の寺第4番にも指定されていることからも、花の季節に来るのが特にオススメなのでしょう。
って、調べてみたら、高源寺の「花の季節」とは今じゃないか!
公式ページによると、このお寺の花ごよみは、ツツジの4〜5月と紅葉&カエデの11月だそうです。
紅葉が素晴らしいということで指定されたのですね。
関西花の寺二十五寺



入山料は300円、駐車場は広々100台です。
このお寺、個人的に見事だと思ったのは階段が良いのです。
こういう階段を見ると、登りたくなりませんか?え?違う?(だから妙見神社も登っちゃうのね)




高源寺の紅葉は、若干シーズンを過ぎてしまったようです。



多宝塔が素晴らしい。思わずジロジロ見てしまいました。紅葉まっさかりだったら、さぞかしキレイだったろうに。



鐘楼を発見しました。打ってはならない場合が多い鐘楼ですが、ここでは打つことができます。
お賽銭を入れて、心を落ち着けて、一打。



境内を散策後、御朱印をいただきます。



お参りを済ませて、駐車場に戻ります。
惣門の前には、「もみじの館」という地元の物産を販売しているスペースがあります。
ちょうど丹波の黒豆やら栗やらを食べてみたいと思っていたので、
なにかあったら食べようということになりました。

…結論から言うと、食べたのはこちら。こんにゃく!



黒豆や栗は本当にたくさん売ってました。…そのまま。
旅行者が黒豆を買っても、なかなかどうしようもないですよね。
できれば特産品をそのまま売るのではなくて、その場で食べられるような料理に加工して欲しかったです。

次に向かうのは、岩龍寺。ここで重大な発見をすることになります。
紅葉…

0 件のコメント:

コメントを投稿